読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴン中山の朋ちゃん



野球ピッチャーUP世直し~取り締まりを良くする修練法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】画像2枚分隊

三井浩二様監修のDVDにもあることであるのですが、
取り締まりの酷い投手の4つの問題点であります。
力量あふれる投手なのに取り締まりが悪くて天王山で使いづらい投手は多くいます。それほど左側投手に数多く見られる件だ。
エラい球元凶を持っていて荒れ球が魅力の投手もいますが、勝ち続けられる投手は一部だ。
取り締まりが乏しい投手は4つの事柄で良くないです。
デメリット1
四球、死球が出るって非常時が伝わる
デメリット2
球総量が増えて体力へ大きな影響を及ぼす
デメリット3
配球がしにくく、ゲッツーを打たせたいなどの発注通りに打者を打ち取れない
デメリット4
野手がビートを取りにくく、やる気を持ちにくい
このようなポイントが挙げられます。
逆に言えば、取り締まりが良い投手は、こういう談話が裏目として、グループに嬉しい流れを生み出します。
まずは、三井浩二様監修のDVDでは、取り締まりを磨く方法を説明していきます。

やっぱ、望ましい投手。活躍できる投手っていうのは、取り締まりの良い投手ですからね。

三井浩二様監修のDVDも、
取り締まり注目のピッチングフォームに対して書かれております。
投手にとりまして一番大事なものは多々聞かれれば一番取り締まりでしょう。
これは、三井浩二様も言っておられます。
速球派投手に夢見る人物もいますが、球が速いだけでは天王山に勝つこともできなければ打者を打ち取る事は出来ません。
ストライクゾーンにボールを投げられるとき。それが投手にとりまして求められる事です。
その為には取り締まりを良くする修練方法が必要になります。
ただ、ストライクゾーンに投げれば可愛いという単純なものではありません。
キャッチャーの構えたところに投げられるとき、
そうして高めに投げず打者のひざ元に投げられるだけの取り締まりが求められます。
それさえ出来れば手っ取り早いボールを投げられなくても打者を打ち取れますし空振りは取れなくても見失い三振をとる事は出来ます。
では、如何なる修練方法をすれば取り締まりは身につくのでしょうか?
三井浩二様は話しております。
ソリューションは体全体を使って投げ入れるという事です。


野球ピッチャーUP世直し~取り締まりを良くする修練法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】画像2枚分隊

三井浩二様も言っておられます。
大きなピッチングフォームで体調を使って投げ入れる。
そういうピッチングフォームで投げれば自然とボールは思ったところに行きます。
取り締まりの腹黒い投手をみると上腕だけで投げてあり下半身が大いに使われていません。
下半身を使っていないので各回刊行所が違ってしまいボールもあちこちにバラけてしまうんですね。
あとは、本人のやる気といった心配りが方法を握っている。
キャッチャーミットを見てそこにボールを投げ込むという心配り。
これをどれだけ持てるかが、三井浩二様も言われているポイントです。
ピッチングは雛形的代物もありますが、本人の心配りが求められます。
心論ではなく、絶対にキャッチャーの構えたところに放るんだ!という気分。
これをどれだけ激しく持ってるかがプラスアルファの素因になります。
スペシャリスト野球プレーヤーも気持ちの力強いプレーヤーほど取り締まりがいいですし、
意思が弱々しい人物ほど非常時でど真ん中に投げてしまう。
セリフで説明するのは簡単ですが、三井浩二様も言われているように、正に出来るようになるには、ちょっとした修練のオリジナリティが必要です。

三井浩二様も言われているように、
どんなに取り締まりを磨く方法は?
三井浩二様も言われてますが、
取り締まりを磨くためには・・
・刊行を安定させる。
・そのためにはウエイト移動を安定させる。
・そのためには。ふさわしい投球雛形を身に付ける。
・そのためには、それを実現させる筋力という可動領域を身に付ける。
では前文4つをマスターして、取り締まりを磨いて行く必要があります。
投球の根幹 最も重要なボールはアウトローへの直接だ。
アウトローは何より不手際が小さく、長打が出にくいボールだ。
そうして、こういう通りに取り締まり出来れば、ピッチングは安らぎ、
更にこういうボールを活かした変化球を使うことができ、配球の領域が広がります。
アウトローへの直接の取り締まりを磨くことが投球の基本です。
これは、三井浩二様の話ではありませんが、
ノム様とき、野村プロデューサーでもあるのですが、「困ったらアウトロー」と言っていて、
アウトローは根幹。って言って、そちらの取り締まりの重要であることも言われておりますね。

三井浩二様がこんな事を言われております。
直接や変化球と言っても、1つ1つの球元凶は形勢や測量を通じてやり方は様々です。
初球であればストライクをとりに行くボール、
追い込みたい時はファールを打たせるボール、
追いこんだらゴロを打たせるボールであったり空振りを願うボールであったりします。
投球トレーニングから、「最近投げていらっしゃるカーブはストライクを売るカーブ」
「最近投げておるボールは空振りを摂るカーブ」など、何となく投げ込むのではなく、
ボールに目論見を持たせて修練することが履行に役立つ投球修練といった三井浩二様もおっしゃっております。
これらを身に付ける方法を三井浩二様監修の画像の中で説明している。
野球ピッチャーUP世直しは、世類に言われているような修練法はサッパリ用いません。
今まで誰もが気づかなった方法を取り入れ、安全に自然に制球威力登場を手助けすることができます。
三井浩二様は元・西武ライオンズの勝者投手だ。

三井浩二様が幼子時世、小・中学生時代の補欠ピッチャーからスペシャリスト野球プレーヤーになった生のテクニックが詰まっています。
それに三井浩二様は、これまで数多くの幼子を、この方法で取り締まりが良いピッチャーとしてきたのですから。
流した汗は裏切ります・・・
「四球を出さない安定してストライクができるピッチャーになりたい」
あなたは、あんな心境を心に有するエネルギーの強い方法だ。
強くなるにはどうすればいいのか。
できれば快適を通じて賢く追い求めるといった、その方法を求めている方もいるかもしれません。
ピッチャーUPへの近道は、規則正しい土台を増やすことです。
土台の繰り返しで実態をつくり、投手の土台を学ぶため、ピッチャーはかならず賢くなります。
そうして一回一回の修練を大事にし、ただ教わるだけでなく自分で学んで行く言動を持つ。
そういう言動で修練をされている方法はみな強くなっていきますし、
カリスマも一所懸命命令望むという気持ちになります。
三井浩二様もそういった気持ちになっております。

三井浩二様も言っておりますから、
ただ、ここからが重要なんです!
こういう筋道はみんなが聞いたことがあると思います。
ですが、これは「規則正しい修練方法を知って、実践したシーンのみです」
間違った修練法を通じていては、ただくたびれるだけで、いっこうに賢くはなれないのです。
間違った投げ方法で、ワンデイ何球を投げても賢くなることはありません。
流した汗は裏切ります。
流した汗を無駄に断ち切る為にもふさわしい修練法をわかることが大切なのです。
こういうプランには、
三井浩二様が長年にわたり培ってきたピッチャーUPの所が、余すことなく散りばめてあります。
新人やカリスマの区別なく、だれがどこから見ても申し込むことのできるようにしました。
規則正しい修練方法を知って、実践するのがUPのメソッドと言われます。
こういう三井浩二様監修の画像 がみなさんのモデルって生まれ変われるのなら、これ以上有難いことはありません。
そうです。参考にしてもらい、上手くなって、幼子が楽しくなる形を見たいですね。

三井浩二様も言われていることですが、
では具体的に何を買い入れる事ができるのか?
その仲間をご紹介すると…
 
ストライクが入らず、助っ人にも顰蹙を買っていた社会人草野球投手が、レジャーを遊べるまでに取り締まりを
発達できた修練は?

オフィスの野球グループもピッチャーが相当取り締まりがないと、レジャーにならず鈍いですよね? 打ち取るだけが目的ではありません。 いい修練の技をお見せします。

取り締まりが良いのは1-2回までだった、非力ピッチャーが天王山の三分の二まで安定した制球力を会得した○○によるスクールは?

スタミナを上手に利用しながらの投球方法はとても要だ。 筋力登場や体力も当然大事ですが、上半身を●●に注視した開発が効果的ですので三井浩二様が解説させて下さい。

舞台になると、取り締まりが定まらなくなってしまう投手が一旦見直すべき核心足のやり方は?
メンタルプレッシャーは、体調舵取りの乱雑を育て、その乱雑につき思い通りに投げられなくなるのです。心を考え込む前に、一旦テクノロジを付け足しましょう。

三井浩二様も言っておりますが、内的は要所ですよね。

三井浩二様も言われておりますが、

修練以外の時間でもやれる、取り締まりの良い投手になるための 便利ストレッチング法は?

変位のストレッチング、前後のストレッチングをはじめ、○○骨を痛めない方法など、肩のバイブレーションが良くなる4多種の方法をご紹介ください。

取り締まりを良くしようとすると、持ち前の足取りが落ちて仕舞う危険の解決策は?

せっかくの速球も取り締まりが悪いと作用半減なのは三井浩二様も言われてますが、誰でもお分かりですね。速球を生かしながら制球力を掲げるのは、図る間近難しくはありません。 三井浩二様監修の画像談話を見ていただければ理解頂けます。

いつまでたっても取り締まりが良くならない少年野球プレーヤーがやる、フィニッシュ時の間異なるグローブの○○は?

グローブを○○せずに、投げる向きにかけてもたらす方法が異なる少年投手をとことん見かけます。どんなに正すべきかを、動きを別個分けながら三井浩二様が評価します。

三井浩二様も言われおりますが、

球別れが速い欠点を、 たった数日の開発で解決し、取り締まりをレベルアップした修練方法は?
ボールを投げ入れるとなりの肘のやり方、突き上げるときの高さといった○○に心配りを対しましょう。克服の技が敢然とわかります。三井浩二様監修の画像で正にお見せください。

球別れの悪さを改善することで、 取り締まりを見違える程良くすることができた投手が行った修練方法は?

脳裏の位置、対し方を意識した肘の用い方を敢然と修練やる効果的な方法があります。少年を指導する中で作用を発揮した方法をお伝えできます。

球速がのろいのに打者にゴロばっかり 打たせることができる投手の取り締まり獲得法は何が違うのか?

取り締まりが最重要だ。打者から見て、打ち辛いボールを投じる○○の所があります。添付セッティングのコツと共に三井浩二様がお伝えしましょう。

多くの投球を投げても、制球を壊れさせずに最小限の疲弊ですむ、効率的な身体のやり方は? 

投球は上腕だけや、ボディだけで立ち向かうものでもなく、下半身だけに任せるものでもありません。 全編を通じ、投手に必要なテクニックを学んでいただければ最小限のスタミナでゼロ天王山投げ下回ることができるでしょう。

ピッチングで必要な柔軟な下半身を作り上げるための効果的な配置運動は?

○を閉めずに行なう三つの効果的なストレッチングを授けるましょう。つらいのではなく、快くなるまで実践することで修練作用を増加させることが多分できます。


野球ピッチャーUP世直し~取り締まりを良くする修練法~【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】画像2枚分隊




お疲弊だ。
やりました。目下、開幕ですけれども、勝ちました。去年は4連敗メインだったのでね。それでですけれども、去年は、元来開幕から1コンペも5割を超えたことがない時期であり、さみしい心持ちしましたけど、
その感じは、目下勝ったので、首位ですし、あす勝って、勝ち越しからスタートしたいところではあるね。
いやはや、見たい所。それは足取り書物であり、11実態からのですけれどもね。スカパー!での王者野球書物あるのですけれども、それをね。みたいな?というね。思ってはいます。
で、ヤクルト以外ではあるのですけれどもね。広島のジョンソンですけれども、5回も持たずに打倒になった内容ね。それは理解ね。これが、去年と違って、流れが去年は延べカープのパターンだったのが、それがこっちではないのかな?それを象徴するイベントかな?ってね。思って着るのですよね。
あとは、ジャイアンツは有益に勝った?

で、他のゲームはどうなったのかな?意思には至るところでは現れるのよね。
そういえばですけれどもね。ハムは大谷が足の問題でWBCにですけれどもね。辞退についてになったわけでね。
それでさすがに開幕投手にはできないし、先発投手としてのですが、予約はできていないわけでね。今年はですけれども、DHでスタメンで野手メインで、ちょくちょく、リリーフをするのかな?とも思うのですけれどもね。
とにかく、二刀流にですけれどもね。立てる場合であれば、やはり野手で裁定打席を達成するのは果たしてという結果、そして、投手というのをね。するとね。
こうなってしまうとね。DHもしくは仲間外れでリリーフしかできないのよね。
ということでもあるけれどもね。そういうのってね、どうかな?といったね。
まるで、二刀流現れるのであればね、そうするしかないでしょ。ってね。
示談戻してですけれどもね。開幕ね。勝てば最高ですが、負けたら、所詮開幕戦ではとどまるのよね。そういうこと。

で、去年のことをね。立てることをね。勝ったのは良かったですしね。
プレーヤーね。ヤバイよね。今日はナイターであすはデーゲームという結果、大変ね。
起きる時間も違うし、今日はナイターでまるごと寝て、早い時間に起きないといけないのはね。大変ですよ。
とても、明日の先発投手はですけれども、この日に備えているから有難いものではあるけれども、野手はね。大変。これで勝っていて、モード素晴らしくできていれば望ましいけれどもね。
負けていたとしても、ぼろゆがみとか、あしたに引きずらないような感じではあるからね。
そんな感じであるとね。どうだろう?

で、開幕投手ってふと花形同士の相対をね。していかないといけないわけでね。ゆがみが貫くといったね。多少ね。そういった流れになってしまうので、今年はそういう貧窮クジみたいな投手は誰かな?ってね、幸いですけれども、ウチの石川はですけれども、目下勝つ内容できたのでね。そこから奮闘をしてほしいね。で、次は苦手のアウエーか。
というのは、前日、球頻度は多かったとはいえ、ようやく調子よくなったところだったので、くやしいといえば、もったいないのですけれどもね。
も、外人投手を明示の関係ではあるのですけれどもね。明示消しないといけないわけで、ここで1別を洗い流すことになるのには、良い結果だったのかな?というね。
ルーキは推奨投球したが、ギルメットは相変わらずダメという内容。こうして、今日の先発投手のですけれども、オーレンドルフというブキャナンを先発サイクルで回すこととなりそうなので、これは、両先発投手の加減には訪ねるのですが、受注オーライになるかもしれないです。
これで、先発投手のどちらかがわるかったら、ファーストの外人だグリーンを入れて、賢く畠山を休ませながら、使っていくのかな?ってね。思うところですけれどもね。
それほど、4月の終わりの所までそのあたりまでで使えそうな隊員ってそうでない方を見極める時間にはなっていくのかと。

で、目下ですけれどもね。テレビジョンで見ると上げる。
今日はスカパーではなく、BSで確かめることと定める。OBだ宮本慎也がですが、辛口な解説をできるのでは?とも思っています。
NHKで解説をしているとくれぐれも神宮に来る事柄はいまいちはないですし、それもマイクの予行で話すことっていうのは、それほどは多くはないのでね。
で、今日のコンペ。先発投手が相互NPBのですけれども、初登板であるから、昨日のマツダ現場ではないが、大量得点の取り合いになって、デーゲームなのに、5うちゲームになってしまい、終わったら、ナイターについてになってしまう可能性もありそうですね。
うしろの日時生じるかたは、困った感じになってしまいそうね。夜勤の前に野球という感じですといったね。今日はそういうことには向かないコンペにはなってしまいそうね。
そういったのもあるけれども、不安であるけれども、まだ違う道筋にもなりそうな感じでもあるね。なるほど行きたかったわ。

さあ。これから始まりますね。今日のコンペでね。如何なるコンペをね。するのかな?って思ってはいるけれどもね。
ってな結果ね。宮本慎也ですけれども、どういう感じで、古巣ヤクルトを斬るのか意思にはなっては芽生えるのよね。
で、2番ショートから探る野球観というのもね。意思にはなる所ね。
それは他のカテゴリー。他のカテゴリーの1,2番バッター。あとはですけれども、内野手立て。とくにショート。セカンドですけれども、そのあたりのプレーヤーですけれどもね。どんな人づてにおいてみているのか?ってね。関心本位で思うところでは留まるのよね。
そんな感じでね。見ていて、どういう感じで野球観を持っているのかな?ってね。それを聞いて、如何なる生成になるのかな?といったね。思っているのよね。
そういったコンペなんですけれども、早々、両カテゴリーともにですけれども、初登板ので、コンペが読めないですね。
開幕戦などの花形相対であれば、何となくのメドはたつのですけどね。

いやあ、如何なるコンペになるのか?としていたら、とにかく初動は荒れるようなそんな感じでね。いますね。
で、ベイスターズのルーキー投手ね。ありがたいね。結果はわからないけれども、ゲンコツ振れているからね。今永や開幕投手をしたのですけれども、恋人も生きの良い投手ですしね。こうした投手っていうのは、ヤクルトにも来てほしいけれども、きませんね。
っていうのは、縁がないのか、スカウトのゲンコツが悪いのか?少しわからないですけれどもね。
で、目下掛かる投げてあるルーキー氏。けん制とかフィールディングが良さそうなのでね。投球に集中できるのかな?というね。ブランク、球が動く、略字気味に出るし、チェンジアップも良的ね。
という結果ね。今日のコンペからそのあとにですけれども、対戦していってから、なんで成長していくのかな?
見ていて、ああいう生きの良い投手っていうのは見ていて、ヤクルトには随分いないタイプだから妬ましいものですよね。

むしろね。コンペがながくなりそうなそんな感じね。
4うちゲームにはなってしまいそうね。勿論初動というか、立ち上がりっていうのは、如何なる投手もプレッシャーし、ここが争いなのかもしれないですね。
第一歩から嬉しい打順に回って来るわけなのでね。そういうことをね。考えるとね。初動っていうのは、争いをね。していかないとね。ダメですよね。
で、2回になると、打順が下がってくるからね。そんなふうに考えるとね。初動って1単位投げて、2回になると条件とかそんなのもあるけれども、慣れてはくるからね。
どうしても、2回になると、落ち着いて現れるな?というのもありますけれどもね。
で、投手が打順に入って浮き出るのもあるからね。そこで落ち着いてアウトを敢然と召し上がるということがでね。取れるっていうのは、DHのないセリーグの価値でもあるしね。
で、DHをセリーグでもっていうのあるけれども、それは大反対ですね。
しっかり9個々で野球贈るものですしね。

投手も打つことが好きなプレーヤーというのも多いですしね。でも、設立リーグとか、プレーヤーが少ないのであれば、DHをあって、投手リニューアルを打順でしかたなく交代して行くため、プレーヤーがいなく渡るような困ったことにはならないようにといったね。しておきたいけれどもね。
あとはですけれどもね。どうしても、セというパでは微妙にやることが違っても良いのかな?って思ってはいますね。
とっても同じ条件でやっても得手でないわけですしね。
会話かわってね。筒香のですけれども、スパイクなんですけれどもね。ナイキからビムロに変わっていますね。
目下、増えたよね。イチローも用いるし、おいらも草野球をする内容あったら、買ってみたいね。たしか?国産でしょ。それってね。おっきいよね。足にキッパリなじみそうですしね。
必ず靴っていうのはね。素晴らしいものをね。履きたいですしね。足もとから敢然したいところですね。
あれ?WBCのときから、ビムロだったっけ?って思うね。

これから始まりましたね。
っていうのは、夜に、11実態から王者野球が開催している日光には、王者野球書物をやっているからね。
延々と通知が入っているっていうのはね。あるからね。次の対戦女房とかを見極めるというのもあるのですけれどもね。
まだ、4月なんでね。これからなのでしょうけれどもね。
わかった内容ね。打線ですけれども、川端がいなくても打線が活発なのは、良いことでは生まれるよね。
前日は、3番山田、4番バレンティンが当たっていなかったのもあるからね。それで打てなかったから、勝てなかったのも居残るね。
但し、今日は、欲求待ち望む所、未だ、当たっていないという隊員いないのと、ここは、頼もしい傾向。それに心配であるのは、畠山ですけれどもね。加減悪かったもので、ホームランを打てた結果、良いスタートを下回る内容できたのかな?
目下ってこれからのですけれども、遠征も考えると素晴らしい判定できたのかな?

う~ん。スリム。っていうのはね。打つバッターですけれども、そんなときにですけれども、争いを避けても安心からあると、直前にストライクを取りやすいというのも現れるね。
そんなところでもあるから、バントって、一長一短あってね。アウトを与えるというのもあるから、有り難い面もあるし、そうではないところではあるからね。そんなことを考えて采配をふるってほしいしね。ブランク、バントして、あとのバッターで打ち取られたとしてもですが、いまいちなったとしても、やることを通じてダメだったというふうに外観良いですからね。
これで、無理アウト1塁で打ちをめぐって、相互演奏になってランナーがですけれども、入れ変わってしまうとね。いなくなってしむとね、装いといった条件っていうのはね。低いからね。で、オーレンドルフの人づてね。どうかな?ってね。
ブランク何回は時季あるかとは想うね。次は、1週後の広島相手にどうなるかね?

で、そうするとリリーフですよね。ここが機能するか断ち切るかが争いでね。
優勝したときはですけれどもね。後ろの外人あるけれども、3個々が本当にしのいでくれたし、秋吉も良かったし、久古が左を敢然と控えるというそういうのができるとありがたいのですけれどもね。
それが今季できるのか?成就の方程式ができるのか?というところですね。
去年も広島はね。優勝したのは、ジョンソン、野村。黒田などの先発投手の奮闘もでかいですけれどもね。でも、リリーフの外人ですけれども、ヘーゲンズ、途中から先発に行ったけれどもね。その代りに今村ね。で、8回は、ジャクソン。最後に、中崎みたいな方程式なんですけれどもね。そういうのが取り除けるカテゴリーっていうのは、硬い確証なのでしょうけれどもね。
そんな面では、ベイスターズですけれども、初々しい外人のパットンが良さそうでね。次いで7回、8回にキャラクター球を投げる三前文。クローザーに山崎ですね。

ということをね。考えると、他のセのカテゴリーってね。背面はしっかりしているカテゴリーについてになると、ジャイアンツ?
沢村いなくて、新外人が囚われるかですね。山口いて、マシソンいるので、ついになりそうなのですけれどもね。そう思うとね。リリーフ敢然とやるのはコツね。
で、ウチ。秋吉は本当は、8回がベストなんでしょうけれども、石山も良いですから、石山8回で、その前にルーキいて、秋吉がしめ9回というスタイルできそうですから、あとは、左の強打者が多いセリーグでですけれどもね。そんなところでの左殺しという意味ではね。とにかく久古の返り咲きをね。望むね。
秋吉が、どうにもサイド手遅れんでね。左の強打者だ筒香や阿部、糸井などいるので、そこを口調できっちり抑えてくれるような投手いてくれるという、品ぞろえが増えますからね。
とりあえず、先発は5回で3仕事場までにしていればいよいよ打線の沸騰キャパシティーいるのね。

そういうことでね。なんとか接戦に持ち込む内容というのが重要ではあるかとね。それほど思ってはいるのよね。
で、打たれてしまったら。仕方ないというふうに思われてほしいくらいのプレーヤーでてほしいけれどもね。どうなっているのかな?そういうことでね。
で、阪神とか中日の評価がおいらとしては可愛いのは、無性にリリーフで不安がある所、そして、打線が情けないというところね。そこが一大問題であってね。いくら仕事場をかなりね。舞い戻る恐れあるとね。糧というのがね。上がっては欠けるというのもあるしね。
で、どうでしょうかね?では、1近所。全部のカテゴリーと対戦してみて、4月が終わってみての心持ちを持ってからですね。ゴールデンウイークが終わってから、そこからが争いでね。ふれ合い戦ですよ。これって、ストレート相対ではないので、勝てば大時季でね。ゲーム差が大きく変わってくれるのでね。パのカテゴリーの援護に欲求待ち望むところでは残るね。

さあ、いつかね。来週は野球観戦にでもまずは行ってこようかは思っては来るけれどもね。
で、来週の今頃はですけれどもね。BCリーグのベスト開幕戦も行ってきて、どっちが勝っても正当ように、気楽にコンペが比べる内容できるようにといったね。思ってはいますね。
で、来週までに延々とサイン用の色紙を以ていこうというね、こういう器機というのをね。しておこうといったね。思うのですけれどもね。
本当にですけれどもね。まずは日付を見て、行きたいコンペといったそうではないコンペというのもあるから、その心持ちをね。感じておこうといったね。おもうところではあるけれどもね。
ってな感じですね。
今年はピンポイントでしぼって、野球観戦にでもでかけておこうといったね。思います。現金ないから、そのあたりをね。考えるとね。しぼっていかないとダメであるからね。
ってな感じでね。
よし。金曜にですけれども、色紙や魔術などを用意しようというね。あとは、スマホの充電忘れないようにしないとね。

現実、思わしいものではありますね。
も、複雑でございます。今、形勢を崩さなければ、神宮に行く内容できたのにね。
あれれ、失敗しましたね。っていうのは、今、神宮球場に行くつもりではいたけれども、それは形勢を考えたら、行かないで、休養につかった毎日は正解だったけれどもね。
神宮にぜひ行って置きたかったね。
山田のホームランをね。見る内容できたわけですしね。バレンティンのタイムリーもあったし、で、最後の最後に、鵜久森が代打でできて、初球を一風でバイバイ満塁ホームランね。
いやはや、相当見つけることのできない。満塁ホームランをあるし、代打で初球バイバイホームランも凄いしね。
いやはや、9回にまさかの坂口を1アウト2、3塁で迎えて、敬遠して、わざわざ山田で勝負して、山田を三振。バレンティンをショートゴロで抑えたので、特に損害でしたが、それもありながら、そのあとに最後にああいうドラマが抑えるはね。

という、相成りまして、今後のコンペの方向にも延々と相応しい道筋にかけては行くのかな?ってね。思ってはいるそんなところではあるけれどもね。
目下良かったのは、いつか、代打の切り札になりそうな。元パリーグのプレーヤー。右側だと、バイバイホームランを放った鵜久森。左ですと、ロッテから大松ね。ここがそういう感じで、代打の切り札がいるはきついね。
そのうちに内野ならばどこでも守れるし、去年代打成功率が4割近かった今浪。恋人も元パリーグ日本ハムね。ショートでセカンドサードも落ちるというのが、非常に大きい所ね。
で、ブランク気になってはいるのは、榎本ね。恋人が打つ内容できるようになったらですけれども、バレンティンや、坂口、雄平の加減次第では休ませながら、かつ守備力を落とさないように取り除けるわけでね。火曜日は、藤浪をね。まわるわけでね。そのあたりね。榎本も代打1番手でね。賢く始まりあるので、申し込みでてほしいものですね。

で、おいらの中ではこれは他の2カード見ていないで、王者野球書物って印象ではあるけれどもね。マツダのコンペでは動画をまだまだづつではあるのですけれどもね。見極める内容できたから、ある程度は判るけれどもね。
ひとまず、ウチは今の感じであれば。4位はさぞかし判明かな?ともいえる話ね。
これは個人的な印象で、1近所当たってみての心持ちといった、4月終わってみて、まずは、GW終わってみて、そして、目下ですと、ふれ合い戦始まる予行。終わった後、オールスター前の中休み。
ここがバラエティー変わり目であって、オールスター明けって始まったら、もう6連戦で絶えず夏は出向くわけで、あっという間に秋になっていくようになるし、どういう夏になるのか?
ストーブリーグになってしまうのか、優勝コンペになっていくのか、それとも失速してしまるのか、ここらである程度の品っていうのはね。わかってはきますからね。
で、今年の只今をね。思ったことを書くとしようかな?

流石と思ったのは、今季前文と思ったのは、ベイスターズといった広島なんですけれども、それでは広島、女房の自滅に助けられたに対して。いっぽ間違えたら、3連敗もあったわけでね。
それをベスト開幕とはいえ、2勝1敗の勝ち越しができたことが広い。
本当は、ビジター。甲子園はセンバツで使えないので、京セラも無理でか、強行してほっとぐんと神戸での開幕の代替もあったのですが、それをしないで、開幕戦をやる権利を放棄してくれたから、広島でできたわけでね。これは大きいし、ジョンソンが思い切り大荒れで打倒されながら、2戦眼、3戦眼には勝てたっていうのはね。
かりに、優勝したら、2戦眼で劣勢から勝つ内容できたという内容ね。
で、阪神ね。メッセンジャー。岩貞。藤浪が投げてかかる間は手強いけど、あとは貧弱でとくに守備のザルさは恐ろしいね。年間100過誤は固いでしょうね。
残り、リリーフのドギマギそよ風を見てしまうとどうにもところですね。

で、先発3枚以外ではきっと、有利にはなっていく内容できるのはね、良い感じですね。勝率も行っても5割かな?という感じでね。あんまり打てる雰囲気もないですしね。ただ、トップの甲子園とかですと、強烈条件がね。あるからそれに飲み込まれない内容ね。
まず、先発投手をマウンドから早めに下ろす内容。それコツね。
あとは、左打者が多いので、左のリリーフが、中澤か久古待機というところにはなっては見つかるのかな?といったね。
で、中日ね。怪しいよね。パワーを去年のウチによってつけてしまった。ベイスターズ様なんとかパワーをとめてほしいね。で、まだまだ永、井納というところが残っていますからね。一層、ウチが舐められてある確証ではあるのですが、ここで敢然としていらっしゃるのかな?といったね。
中日はいよいよ高橋周平って福田が支払えるような感じで、今季行ったほうが、良い結果生まれるのかもってかってに思っています。今年も苦しい競合が貫くかな?って思いますね。